スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の内容と今後の予定

  • 2007/07/23(月) 01:34:02

【7/22の内容】
・写真を見ながら説明を受ける
チルドレンズミュージアム(マンハッタン、ロサンゼルス、ロンドン、ミュンヘン)
国営昭和記念公園でのイベント(パララ村、車にペイントしちゃおう!)

・7/29の段取り決め

①アイスブレイク
誕生日ごとに一つの輪になる
背中に絵を貼ってもらう→中心に一人でる→周りの人のヒントで自分の背中に何の絵が貼られているか当てる

②趣旨説明

③「子どもと一緒にワークショップ」の内容
衣装作り、フェイスペイント

・ヤッサンからの提案をもとに話し合い★
資料:ミニ立川の懸案事項についての意見書

・校庭で水遊びをしている立川プレーパークの活動を見学


【7/29の予定】
・11時(これる方は)ボランティアルーム集合。
「子どもと一緒にワークショップ」の準備
内容)道具運び、受付

・12時、お弁当&打ち合わせ

・13時から4階で第1回「子どもと一緒にワークショップ」スタート!
①アイスブレイク(スガチャン)

②趣旨説明(ヤッサン)①と②で45分間

③「子どもと一緒にワークショップ」2時間
A班:子どもと共に衣装作りとフェイスペイント。
B班:打ち合わせ。(基の仕事の話し合い★)

④Good&ニャー改め(ネコの私としては・・・)30分間
(今日の感想)

第1回「子どもと一緒にワークショップ」終了!予定16:45

・スタッフ振り返りと基の仕事の話し合い★の続き


【現段階での今後の予定】
8/5
A班:町を学ぶワークショップ
子ども達に出店したい店を提案してもらう
大人は「衣・食・住・遊・基」のバランスを考えながら提案。
仕事内容は子ども達に決めてもらう。
子ども達になんのお店で働きたいか決めてもらう。人数制限は?基の仕事は?この時点で子どもの人数が少ない時はWS?

B班:打ち合わせ

8/19
A班:新聞・広告作りのワークショップ(学校の外への宣伝)

B班:打ち合わせ

9/9
グループに別れ、お店のデザイン、仕事内容のアイデアを出し合い、お店作り
9/24
グループに別れ、お店のデザイン、仕事内容のアイデアを出し合い、お店作り
10/14
グループに別れ、お店のデザイン、仕事内容のアイデアを出し合い、お店作り
10/28
グループに別れ、お店のデザイン、仕事内容のアイデアを出し合い、お店作り

11/4

11/17
プレミニ立川
11/18
プレミニ立川

11/23
本番
11/24
本番
11/25

★課題
・ミニ立川運営について
「子どもと一緒にワークショップ」も大切ですが、同時並行でミニ立川の運営についての話し合いも必要
早急な事柄だなと思ったら気軽に提案してください


光φ(..)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

個人的意見なのでこちらに記します

・基の仕事についての個人的イメージ
①職業紹介所の流れのイメージ
整理券を配る→労働者の要求を聞く→その仕事が空いているか確認→職業紹介所の認印を押す→労働者は認印をお店に見せる→店長に開始時間の判子を押してもらう→仕事が終わったら店長に終了時間の判子を押してもらう→職業紹介所に仕事の空きを伝える

②銀行の流れのイメージ
労働者の仕事の種類と時間を確認→仕事の種類×時間=賃金を支払う

③受付の流れのイメージ
小学校1年生から中学校3年生かどうか確認→
OKなら市民票とパンフレットを渡す
NGなら断る

④その他(案内・警察・清掃)のイメージ
当日、訪れる子ども達が多い場合、増設する仕事



・課題の種類に対する個人的イメージ
①「子どもと一緒にワークショップ」の課題、というか毎回の予定
②大人サイドの課題(ミニ立川運営について)
③子どもサイドの課題
④どこに属するか不明の議題

・上記の個人的詳細イメージ
①「子どもと一緒にワークショップ」の課題、というか毎回の予定
7/29は衣のワークショップをするとして、他の「食・住・遊・基」のワークショップは実施しないのか?
メリット:お互いに打ち解けられる。子ども達の人数が少ない時に有効
デメリット:お店作りの作業が遅れる

新聞・広告作りのワークショップ(学校の外への宣伝)
市民票・紙幣の印刷
ミニ立川のタイトルロゴデザイン
ミニ立川の旗のデザイン
ミニ立川のシンボルマーク

②大人サイドの課題(ミニ立川運営について)
何分単位で賃金を支払うか?30分?1時間?
人気の仕事の集中をさけるため、労働時間に制限をつける?4時間?
子どもスタッフに労働時間の制限はない
紙幣を何種類、何枚刷るか。紙幣の材質。
開催3日間のうちで物価調整をするのか?
当日、大人は捕まらない為の許可証作成?
基の仕事は子どもスタッフのみで行う?当日のお客さんは不可?
作業回数
市民票の装丁・様式・サイズ・発行部数
大人スタッフと子どもスタッフの作業の線引き
当日の大人客の対応
組織の分化

③子どもサイドの課題
全体案内板・広告・旗の作成
紙幣のデザイン。
基の仕事のシステムは大人が作るとして、衣装や内装などの作成
市民票の表紙デザイン・タイトルロゴ

④どこに属するか不明の議題
各仕事の賃金設定。大人が決める?子どもが決める?店が決まらないと決められない。人気のある賃金は低く、人気がなかったり難しい仕事は賃金は高い。高賃金と低賃金の差は?
飲食物や売り物の賃金設定。大人が決める?子どもが決める?
店舗のない仕事(案内・警察・清掃)にはお揃いのタスキや腕章や帽子を提供?
チラシ、子供版と大人版作成?

  • 投稿者: 光
  • 2007/07/23(月) 01:36:06
  • [編集]

ひかるさん、ありがとう!

光さんありがとうございました。22日の講習記録と29日の予定を書いて下さったばかりか、懸案事項等も書いてくれて。私も、29日の衣装作りは、造形演習と子どもとのコミュニケーションのために必要だと思いますので、再度提案してみます。
ピンクのネコ

  • 投稿者: ピンクのネコ
  • 2007/07/23(月) 11:35:53
  • [編集]

みなさんとあまりお話しできていないので、この場を借りて確認させてください。
ミニたちかわって、「銀行&職安つき お店屋さんごっこ」なのかい?

ミニ〇〇というのは既に各地で実施されていて、おそらく先輩の皆さんの中には
「こうすれば失敗がない」的なマニュアルは存在していることでしょう。
当日の参加者を楽しませるために、失敗のないお膳立てをすることって簡単。

でもそうじゃなくてね、
子どもスタッフの意見による「基」を、もっと焦らずに錬っていけないかな。
だって、実社会で経済の分からない人がお店を経営するのは無理なように、
ミニたちかわの「基」を理解せず店だけ開くって、多分やりづらいし、
それば「お膳立て」の中を転がることだけで終わってしまうように思う。
子どもスタッフ全員を、初期段階から「基」に動員していけないかな。

もしかして、わたし逆行している?

でもやっぱり、子どもスタッフに対して、「銀行はこういう仕組みに
することにしたから」とルール説明して「はい、始めるよ」では
なんだかもったいない気がするんだ。
レベルの分からない子どもを相手に、頑張って説明して話し合いに巻き込んで、
話し合いの中で子どもスタッフの様子をみて、「ちょっとわからない」と
困っているようなら「じゃあ」とスタッフ講座受講生
導いたり、知識をつけたりしてみるとか、取り込んで運営しているうちに、
いつの間にか子どもスタッフ同士で話し合って、成り立っていける、と、
そんなところまでもっていくのが、スタッフ講座の課題というか使命と考える
必要がないかな。

小学校の頃、児童集会の準備で、スッゴく話し合っていてたら、
担当の先生がなんだかちょっと嬉しそうに、
「じゃあ、これは先生が印刷しとくよ。」とスゥっと図案を持っていっちゃった。
あとで職員室に行ったら先生たちが何人かで裁断までしてくれていたことが
あったよ。あれは、残り時間だけを考えたら、あんなに詰めた話し合いを
中断させて単純作業をしなくちゃいけなかったんだよね。

子どもスタッフに経験して欲しいこと」と「大人が手伝えること」の線引きを
考えていたら、記憶がよみがえってきました。あの人、いい先生だったんだなぁ。
ま、そんなわけで、
「お店」系は、もし時間が押しちゃっても、大人や機械で手を貸せば
量産態勢は取るなり即席にするなりで可能。
少しバランスが崩れても、子ども達が話し合って作り上げるカタチのないものを
大切に支えていけたらいいなぁと思うんだ。

私はまだ全体の流れが把握できていないんだけど、なんだか
ちょっと、子どもが置いてけぼりというか蚊帳の外というか。
「面倒だからオトナの時間でやっちゃおうよ」というのは、
本当にオトナなのかな?って気がするのね。

子どもの親(もちろん私を含む)は、よくこういうことをしているよ。
すぐ子どもに正答や近道を提示しちゃう。学校に行っても家に帰ってもそう。
ミニたちかわでも同じ?

コメントのタイミングや趣旨がハズれていることがあろうかと思いながら、
とりあえず求めたいこととか感じたこととかをそのまま出しちゃったような。。。
無視して進んで構いませんので、あしからず(^-^)

前回はマサシゲ(小5)ともみ(小1)みきお(4歳)がお世話になりました。
ああして表現をするとき、親がそばにいると、ダメなものですね。情けないけど。
スタッフのお兄さんお姉さんに、本当に色々引き出してもらえてよかったです。
ありがとうございました。 ぴか こと高野由香 

  • 投稿者: ぴか
  • 2007/08/06(月) 17:24:11
  • [編集]

えーと、要約すると、もっと子ども達を参加させようということでしょうか?
そうですね、折角ワークショップで興味を持ってミーティングに出席してくれてるのだから、更に引き込み教え込むチャンスですよね。

  • 投稿者: hikaru
  • 2007/08/06(月) 19:12:43
  • [編集]

えーっと、要約すると。。。?

子ども達って「参加」なの?
引き「込む」なの?
何を「教え込む」の?

子ども達の「運営」ではないのか。
子ども達から「引き出す」のではないのか。
子ども達と一緒に、ミニたちかわのカタチを「導き出す」ではないのか。

要約していただいたお陰で、私の認識とその「要約」とのズレが
浮き彫りになったような気がします。
私の勘違いでしたら、皆さんご教示くださいね♪

  • 投稿者: ぴか
  • 2007/08/08(水) 22:51:14
  • [編集]

表現が適切ではありませんでしたね。
ぴかさんの言葉で良いと思います。

といっても個人的な考えなので、皆さんがどう思っているかはわかりません^^;

  • 投稿者: hikaru
  • 2007/08/09(木) 21:09:37
  • [編集]

ありがとうございます。

hikaruさん、ありがとうございます。
お陰で私も自分の考えとか思いを絞り込むことができました。
もちろん、これを皆さんに押し付けるつもりはありません。
私自身、やっと想いや考えが出せたところ、です(^-^)

  • 投稿者: ぴか
  • 2007/08/10(金) 06:58:00
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。