スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こどものまち(MiniCity)EXPO in Yokohama 」 チラシ

  • 2009/02/06(金) 13:15:36

プレイスタッフの皆さん、2月22日のチラシが送られてきました。
子どもスタッフを、午前中の、「こども会議」に出させてあげたいのですが、
付き添い、だれか、できますか?

私は午後のパネラーで、打ち合わせ等で、バタバタしています。
私のほかに、参加者がいなければ、子どもスタッフの参加は、見合わせます。
出欠を、10日の夜までに、MLでください。よろしく~!

こどものまち(MiniCity)EXPO in Yokohama  チラシ 裏
★☆★☆★☆★☆★☆【全国の「こどものまち」大集合!】★☆★☆★☆★☆★

「こどものまち(MiniCity)EXPO in Yokohama キックオフ・全国シンポジウム」
2009年2月22日(日)14:00~17:00
横浜市都筑区 ブルーライン中川駅ハウスクエア横浜

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★2009.2.05 NPO Minicity-plus☆


ドイツで発祥した「ミニミュンヘン」を源流とし、現在全国各地で開催されてい
る「こどものまち」。職業体験やまちづくり、選挙体験、起業体験など多様な要
素を含むイベントは、教育的要素も高く多くの地域で試みられています。

子どもの主体性・自主性・創造力を育み、より良い未来の社会への可能性をも秘
めた「Minicity」。しかし日本ではまだまだ事業としての歴史が浅く、どこも手
探り、試行錯誤しながら実施されているのが現状です。


今回のシンポジウムでは、こどものまちの歴史やミニミュンヘンに詳しい千葉大
木下勇教授、こどもがつくるまち研究会の中村桃子氏、全国のこどものまちの大
人主催者を招いて、そのしくみやこどもたちのかかわり方などに迫り、交流する
中でお互いのまちの特徴、課題を探り、今後の事業展開に活かしていきます。


☆日時 2009年2月22日(日)14:00~17:00
★会場 横浜市都筑区 ブルーライン中川駅ハウスクエア横浜1Fホール
    http://www.housquare.co.jp/access/main.html
☆参加費 無料 (資料代 一部1000円)
★保育有り(要:事前申込)
☆〈終了後懇親会あり:参加費1,000円〉


主催 NPO法人ミニシティ・プラス
   こどものまちEXPO in Yokohama 実行委員会準備会
共催 ハウスクエア横浜
後援 横浜市こども青少年局 こども環境学会


こどものまち(MiniCity)EXPO in Yokohama  チラシ
☆シンポジウムの概要

【プロローグ】
・「こどものまち」の歴史+子ども参画の意義 千葉大・木下勇教授
・子どもにとっての「こどものまち」とミニミュンヘンの紹介 中村桃子氏


【メインテーマ】
『全国の「こどものまち」大集合!パネルディスカッション』
 《こどもたちとつくりたい理想のまちとは?》
 ・パネリスト(12名・敬称略)

 宮城県
 ☆仙台こどものまち 仙台市子ども未来フォーラム実行委員会 安藤正樹
 千葉県
 ☆ミニさくら 任意団体 NPO子どものまち 新谷義男
 ☆ミニいちかわ 特定非営利活動法人市川子ども文化ステーション 渡慶次康子
 東京都
 ☆ミニたちかわ まちとこどもの環境研究所 内藤裕子
 ☆むさし野タウン 子どもの参画をすすめる会 村井智子
 神奈川県
 ☆ミニたまゆり ミニたまゆり実行委員会 番匠一雅氏
 ☆ミニヨコハマシティ NPO法人ミニシィティ・プラス 三輪律江
 三重県
 ☆こども四日市 NPO四日市こどものまち事務局 重盛貴夫
 愛知県
 ☆だがねランド (財)名古屋都市センター 加藤貴英
 ☆ピンポン横丁 こどもNPO 小島千春
 大阪府
 ☆ミニ大阪 特定非営利活動法人こども盆栽 北埜智子
 兵庫県 ☆こどものまち「高砂」 特定非営利活動法人高砂キッズスペース 竹内茂雄
 ・コーディネーター 岩室晶子(NPO法人ミニシィティ・プラス)
  ※質問コーナー
  ※パネル展示コーナーも開設 


【エピローグ】
 ・8月開催の「こどものまちEXPO」概要披露
 ・こどものまちEXPO in Yokohama 実行委員会 設立総会


★同日同会場・AM開催『こどもがつくるまち指導者養成講座』
 時間 10:00~13:00
 参加費:500円(シンポジウム参加者は無料)
 ミニヨコ運営のこどもたちが集まり、こども会議を開催します。
 受講者はこどもたちの会議のファシリ体験をします。
 http://minicity-plus.jp/sidousya.html>☆参加者交流会・懇親会
 時間 シンポジウム終了後~18:30 参加費 1,000円
★問い合せ/参加申込先
 NPO法人 ミニシティ・プラス http://minicity-plus.jp/
 E-mail: minicityplus@gmail.com  電話:090-5405-5149(岩室)
 (本事業は独立行政法人国立青少年振興機構の「子ども夢基金助成金」による活動です)




スポンサーサイト

FMたちかわに出演!

  • 2008/01/14(月) 17:33:22

1月8日、みらいパークこどもスタッフがFMたちかわ(844MHz)に生出演しました。
明朗・K子のトークルームという番組でゲストコーナーに出演。こども9人、大人3人という大人数で「ミニ立川」のこととか、話してくれました。みんなお疲れさま!
なんといってもスタジオが狭い(6畳間くらいか?)ので、よくそんな人数が入れたと思いますね。写真の右端がラジオパーソナリティーの金子明朗(めいろう)さん、後ろの真ん中が三谷K子さんです。
_by Kaeru
ラジオ出演0108

http://www.fm844.jp/

富士見児童館 おいでなさい レポート

  • 2007/10/31(水) 18:58:52

10月28日土曜日に行われました富士見児童館での「おいでなさい」レポートです!

あいにくの台風雨でしたが子どもたちはたくさん来ましたー!

子どもたちは自分たちでお店を準備し、売り子をし…という風にさまざまな種類のお店やさんを開きました。
子どもたちは10円券が15枚ついた券を初めに購入し、それで買い物ができます。
また、売り子さんたちは30分単位?の交代で店番をしていました。

そんな中、たくやと私は工作室を一室お借りし、ポンチョ作り、フェイスペイントそしてバッジ作り(全参加20円、1つだけだと10円)の店、「変身屋」を開きました。

初めは「ポンチョって何??」「フェイスペイントって??」という質問も多かったです。
なかなか恥ずかしがってフェイスペイントに挑戦してくれない子が多かったのですが
一人がしているのを見ると、とってもいい宣伝に♥♡
顔を真っ赤に塗った子もいれば、☆だけ描いて大満足の子もいました。

20071031180530.jpg


中には、売り子さんたちがお揃いのフェイスペイントをし
自分たちのお店のトレードマークみたいにしていた子たちもいました♪
女の子はポイント的に絵を描く子が多かったですが(紫色を口紅代わりに塗ってた子も!)
男の子の中にはスガちゃん・ぼぶのように顔全体を塗る子がいて
みんなをびっくりさせていました(笑)

20071031173805.jpg


ポンチョは今回はマーカー・クレヨン・毛糸や布きれを使って作ってもらいました。
絵を描くのが好きな子・工作好きにはとてもよかったみたい。
たった3時間という短い時間に、25着ほど作ることができました。
毛糸やアルミホイルを使って作ってくれた子も。
W.S.の時とは違うポンチョ作りに成功しましたー!
ひかるとよしのポンチョ屋も楽しみです☆

20071031183150.jpg


バッジはダンボールにどんぐりや毛糸、葉っぱで飾りをつけて自由に作ってもらいました。
毛糸やどんぐりを使ってかなり凝ったのを作った子がたくさん!

20071031185402.jpg


みらいパークに来てくれてる子たちもたくさん見かけ
初回W.S.でのポンチョ作りをやってなかった子にも体験してもらうことができたので良かったです。
ミニ立川のカメラ屋「フォト・ファクトリー」のヒントになることもたくさん学べました。


…これでは「おいでなさい」レポートではなく
「変身屋」レポートですね…お許しを。

ここには映像をアップできなかったのですが
おいでなさい全体をムービーでも撮ったので
見たい人はまた言ってくださいね♪

う~ん 楽しかった!


まゆ

  • 2007/09/17(月) 21:15:29

昨日のあそびの教室は、訪れる子どもの平均年齢が低かったり、より子ども達に主体性を置いたり、長丁場だったり、ミニたちかわとは違った空間でした。
 色んな子どもに出会えるのが良かったです。


hikaru.

高学年キャンプ

  • 2007/07/30(月) 03:46:11

先日行って来た、高学年キャンプについて、レポートします。


全体の流れは

スタッフ挨拶

子供達集合・あいさつ

テント張り・買出し

夕飯作り

キャンプファイヤー・花火

就寝

起床

ラジオ体操

朝食作り

挨拶

と、こんな感じでした。


この中で、特に炊事がおもしろかった!
30人くらいが、8班に別れて、それぞれが作りたい物を作りました。
ピザを作るという班が何班かいて、オーブンは自作。
ダンボールの内側にアルミホイルを貼って、下におこした炭を入れます。
そのままで15分。
20070725_ダンボールオーブン



朝食はみんなでインディアンドッグでした。
インディアンドッグは、パンにウィンナーを挟んで、さらにアルミホイルで二重にくるみます。
それを牛乳パックに入れて、火をつけて大半が燃えればできあがり。
20070726_インディアンドッグ



ほくほくで、かなり美味しかったです。


今回は4,5年生だったので、特に大きなトラブルも無く、順調でした。
みんな、やっぱり楽しいイベントに対しては、素直に行動するものなのかもしれません。

・・・と、なんだか「食」についてのレポになっちゃいました。

小学生バザー レポート

  • 2007/07/26(木) 23:35:24

この研修会では、プレイスタッフの育成ということですし、ミニ立川のイメージ作りにもなると思うので、他イベントのレポートを書きます。


先日行ったのは、小学校の校庭、体育館、図書室、プールを使ったおまつりです。
今年で二回目ということでしたが、なかなかシッカリしたつくりでした。
子供達が主体となって、お店をつくって出していました。
ただPTAや地域の人の協力も多く、一部のお店は大人が運営していました。
当日の流れとしては、以下の通りです。



12時 当日のお店準備
13時 開会式・受付
15時 閉会式

子供達は受付にて、名前と年齢を書き、その代わりにポン菓子引換券をもらいます。
イベント内ではお金のやりとりはなく、飲食はこのポン菓子のみです。
他のゲーム等は全て無料でした。
ポン菓子は大人がつくり、1時間に数回「ボン!」と言う音と共に、ポン菓子がつくられていました。

竹とんぼつくりや、ビュンビュンコマの作成等、工作系はPTAや地域の方が運営していました。


プールにいかだを浮かべていました。
まつり_いかだ


いかだは手作りで、発泡スチロール等で作ったいかだで、プールを一周すると言う物です。

他には子供ができそうなお店ばかりが20個程。3,4年生くらいの子でも、しっかり運営していました。
ストラックアウトやバスケット、わなげ、射程等のスポーツ系。
さかな釣り(フックでモールをひっかける)、豆移し、宝石つかみ取り等のゲーム系。
まつり_豆うつし



レターセットを置いてあるお店もありました。
手作りのレターセットで、封筒、便箋をそれぞれ選びます。
その上に、のりで魚屋星等の、小さな装飾を自分ですると言う物です。
まつり_はがき屋さん



子供達、わりと小さな年齢でもここまでできるんだなーと感心しました。
ミニ立川でも、人さえ集まってくれればかなりしっかりと色々できるかもしれませんね。
子供達の力はあなどれません!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。